株式会社NYホーム > 株式会社NYホームのスタッフブログ記事一覧 > 【RC造?W造?物件構造について】構造ごとの特色をご紹介!

【RC造?W造?物件構造について】構造ごとの特色をご紹介!

≪ 前へ|初体験!   記事一覧   お出掛けしてきました。|次へ ≫
カテゴリ:不動産に関する豆知識

~今回は建物の構造についてです~

建築物の構造はおおまかに分けるといくつかの種類があります。
RC構造SRC造S造木造とよくみるものについて簡単に解説致します。


RC造は鉄筋コンクリート造


Reinforced Concrete Construction)の略で鉄筋をコンクリートで補強して
構成されています。型枠に鉄筋を配置しコンクリートを打って作ります。
コンクリートは圧縮には強いですが、引張力には弱い性質があります。
そのため引張力のつよい鉄筋を配置し組み合わせています。
比較的揺れや音が伝わりにくとされています。


SRC造は鉄骨鉄筋コンクリート造


Steel Reinforced Concrete)の略です。鉄筋コンクリートに鉄骨を
組み合わせて構成されています。柱の中心に鉄骨を採用し、その周りをRC造で囲っているような
イメージがわかりやすいかとおもいます。耐震性についてはもっとも優れているといわれています。


S造は鉄骨造


Steel)のことです。コンクリートを使用せず、軽量鉄骨や重量鉄骨を使用して構成されています。
コンクリートを使用しないので、間取りの変更やリフォームがしやすい特徴があります。


W造は木造


Wood)のことです。木を使用した建築物で古くからある構造です。
特徴としては、軽量の為、狭い土地等にも建築しやすく、リフォームもしやすい特徴があります。
木を使用した日本の名建築は今も尚長い期間立ち続けています。設計や組み方など上手に設計すること
で揺れを効果的に吸収することもできるようです。


賃貸物件をさがすときには

・建物の外観や立地
・利便性や間取りや家賃
・駅近やユニットバス
・追い炊き機能
・IH
・階数

など様々な要素でお探しになられるかと思いますが、
どのような構造かということもチェックポイントとして少し加えるとよいかもしれませんね。

この内容の関連ブログ


≪ 前へ|初体験!   記事一覧   お出掛けしてきました。|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約